HOME
MENU
アクセス

内藤記念くすり博物館 その2

Culture

 写真は、江戸時代の薬局です。(大阪道修町どしょうまち

それでは、内藤記念くすり博物館写真集その1に引き続き、くすりの歴史・文化に触れていきたいと思います。

くすり・病気の番付表です。いつの時代も番付がはやりますね。

丸薬の製造方法です。常備薬として携帯に便利な丸薬が重宝されたのが伺えます。

印籠と同様、ピルケースです。

小物入れの巾着袋もピルケースとして活用していたんですね。

徳川家(葵の御紋)の薬箪笥です。

中国、韓国の薬棚です。

アスピリン、ジアスターゼ、肝油 懐かしいです。

貝原益軒の養生訓が有名ですが、やはり、明るく・楽しく・元気いっぱいに過ごすことですね。

日本薬局方の初版が発行されたのが、明治18年(1885年)です。歴史の重みを感じます。

下段は、比較的見慣れた日本薬局方です。何度も改定を繰り返して現在があります。

以上が、資料館の写真です。次回は、薬草園の植物をご紹介します。