HOME
MENU
アクセス

アナフィラキシーショック

スタッフブログ

予測不能の薬の副作用だ‼️ 新潟に出張していた時の事、忙しくストレスも溜まっていた。案の定風邪を引き、抗生物質と解熱鎮痛消炎剤をもらって飲んだ。すぐに良くなったが、次の週またぶり振り返したので同じ薬を飲んで寝た。 朝目が覚めると、なぜか顔が痛痒い。寝ぼけまなこでシャワーを浴び、洗面台の鏡を見てあらビックリ😳 なんだこの顔、パンパンに腫れているではないか💦 目は糸のよう、さらに上半身にブツブツ赤い発疹が出ている。やられた!薬の副作用だ。前の週はなんでもなかったのに、こうきたか😨 身体は全身倦怠感がすごく立つのもダルい。待合室でもグッタリだ。2時間待ちでやっと点滴を打ってもらい、4日程通って腫れはひいてきた。 病院の同僚でペニシリンショックで入院した子がいたが、4日で引くんだよと言っていたことを思い出した。仲間だったのでその時は笑って聞いていた。まさか自分もそうなるとは、想像もしていなかったのだ😅
春になると思い出す、こわい体験である。
☆ 点滴は電解質にビタミン、ステロイド、そしてネオミノファーゲンCだ。この主成分、甘〜いグリチルリチンは、生薬の甘草の成分でもある炎症止である ☆