美肌つくりの基本は泡洗顔から。CAC化粧品の泡洗顔で老廃物を根こそぎアウト!

いくら高額な化粧品を揃えても、お肌の皮脂汚れが残っていたり間違った洗顔方法を続けていると効果が出ないばかりか逆効果になることもあります。

正しい洗顔の基本を勉強し、美肌の土台となる美しく健康な肌をつくりましょう。

洗うことの大切さ。正しい洗い方3つのポイント

意外と間違っている…洗い方、泡の量、そしてすすぎ方

子供の頃から私たちは朝起きたら顔を洗う、というのを習慣にしています。

でも、正しい洗い方を知っている人は少ないのではないでしょうか。

とくに大人になってからお化粧をするようになると、クリームやオイルで油分の多く落ちにくいファンデーションやマスカラをゴシゴシこすって洗っている人も多いと思います。

美肌づくりの基本は「洗顔」にあります。

毛穴の汚れやお肌の皮脂汚れを一日の終わりに綺麗に落としておかないと、いくら品質の良い基礎化粧品を使ってもうまく肌に浸透させることはできません。

美肌づくりの洗顔のおすすめは「泡洗顔」です。

正しい洗い方

洗顔

まずは手の汚れを落とす

まずは手を石鹸でよく洗いましょう。手に皮脂や埃がついていると泡立ちが悪くなります。指の間や爪、水かきの部分など、手指を綺麗にあらいましょう。

洗い残しがないように

髪の生え際、フェイスライン、首・襟足、耳の裏など、細かいところまで意識して洗います。とくに皺や表面の凹凸がある箇所などは汚れが溜まりやすいので入念に洗いましょう。

洗顔はぬるま湯で朝夕2回

洗顔は、38度くらいのぬるま湯で、朝と夜に行います。

泡の量

泡の量

水滴を適宜追加しながら、たっぷりモコモコの泡をつくりましょう。モコモコ泡は、市販の泡立て用スポンジ等を使うと、上の写真のようなキメの細かいモコモコ泡がつくれます。

当店でおすすめしているCAC化粧品の石鹸は、とてもキメの細かい強い泡ができあがりますので、余った泡はボウルなどに入れて冷蔵庫に入れて翌日まで保存することができます。

洗浄中に泡が消えたら、泡が不足しているサインです。泡が消えないように、たっぷりの泡を使い、足りなくなりそうだったら泡を足して洗います。

泡は乾いたお肌に乗せて洗う

乾いた肌に泡を直接乗せて洗うようにします。これは他のメーカーの洗顔方法と大きく違う点です。

洗顔のタイミングですが、お風呂でメイクを一緒に落とす人も多いと思いますが、「乾いた肌に泡を乗せて洗う」のがCAC化粧品の使い方なので、できれば帰宅してすぐに洗うのをおすすめします。

面倒でお風呂に入ってから洗う、という人も、まだ肌が濡れていない最初のうちに泡洗顔を済ませましょう。

メイク落としは2度洗い

メイクを落とすときは、2度洗いをしてください。

1度洗いだけだと毛穴に詰まった埃やファンデーション等が綺麗に落ちきりません。

すすぎ

肌表面の凸凹に洗浄成分がとどまらないように触って洗い流します。

シャワーでざっと流すだけでは肌表面に洗浄成分が残ってしまうので十分にすすぎましょう。

シャワーで洗い流すだけでは肌表面に洗浄成分が残り、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。すすぎの際は手のひらで優しく触りながら、泡の残りが感じられなくなるまでしっかりすすぎましょう。

泡洗顔のポイントまとめ

たっぷりのキメ細かい泡をつくり、顔全体に泡を乗せて手で優しく洗顔します。

そのとき決してこすらず、肌の上で泡を転がすような感覚で洗うのがポイントです。

泡が汚れをしっかり包み込み、きれいに落としてくれます。

すすぎは33度くらいの体温よりも低いぬるま湯で20回くらい、すすぎ残しがないようにしっかり洗い流しましょう。