HOME
MENU
アクセス

10月のデュ・アン太極拳クラブ

スタッフブログ

デュ・アン太極拳クラブの皆様

ウェブページをご覧の皆様

2021年10月の練習について、ご連絡申し上げます。

今月は6、13、20、27と水曜日の練習は4回を予定しております(季節柄、台風や大雨等と重なって危険が予想される場合は前日もしくは当日の朝8時頃までにメールでお休みのご連絡を送信する予定です)。練習会場はいずれの日も赤羽文化センターを使用します(時間は9:30-11:15)。新型コロナ感染予防につきまして、緊急事態宣言解除後も必要な事項を守りながら注意して参りましょう。教室では原則としてマスク着用で、お互いに適度な距離をとれるようにし、換気扇を回すなど、換気に注意して練習を行いたいと思います。

引き続き、施設利用に関して以下のようなルールがありますので遵守の上ご参加くださるようお願い致します。

①ご自宅で検温の上お越しください

(37.5℃以上の発熱、体調がすぐれない場合は参加をご遠慮ください)

②室外および共用部にて、マスクを外しての大きな声での会話を控えること

③こまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒

等々

詳細はまた教室にて確認していきます。

床に座っての柔軟体操が心配なかたはバスタオル等の敷物をお持ちください。

施設利用に関して変更等が生じた場合はメールにて皆様にご連絡致します。

そのほか、何か気がかりな点がありましたらお気軽にお尋ねください。

*************************

「えっ?!知らなかったの?!動物も人間も効きます!」

― クロネコ漢方相談 ―

マハロさんはまだ生まれて間もない頃、きょうだいのアロハとともに余命二ヶ月と獣医さんに告げられましたが、8歳で恩猫のアロハを見送り、今はなんと17歳。人間に換算すれば立派なおじいちゃんだけれど、毛並みはツヤツヤ、目はまん丸でキラキラなのです。

それでも雨や曇りの天気ばかりで日向ぼっこができない日が続くと体調管理、特におトイレ問題は難儀します。その強い味方となってくれるのが、湯たんぽ、甜菜糖から作られたラフィノース、そして田七や霊芝から成るKiketsu活精、の三種の神器であります。

動物病院での治療や投薬は高齢のマハロさんにとってはストレスが過大な上、動物は十分な保険制度が確立されていないため、同居人たちの経済的な負担がかなり大きく、猫にも応用が効く漢方相談はたいへんに有り難いのであります。「マハロ」はハワイ語で「ありがとう」を意味します☆

一方、私たち日本国民は皆保険制度により、手厚い医療制度に守られている・・はずです。でも、その陰に隠れて見えにくくなってしまっている選択肢があることも事実です。選択の幅を広く持って、知ってさえいれば防げる辛い症状はかなりたくさんあります。場合によっては命を救えることもあるでしょう。その知識があるだけで日々の不安ももっと軽くなっていきます。

陰陽、気血(または気血水)理論に基づく漢方治療は近現代の医療に比べて歴史が長く、アジアの人々を中心とした膨大な蓄積があります。太極拳も含めて、より多くのかたに、その恩恵が行き渡りますように、と願う気持ちが日増しに強くなっていきます。

季節の変わり目、乾燥と寒さに向かっていく時季ならではの健康管理はとても大切です。疲れがたまってきたかな、と感じたときは身体からの大事なメッセージです。特に10月下旬から11月初旬の立冬に向かう秋の土用の時期はなるべく穏やかに過ごして準備を整えていくことが肝心なようです。

10月も基礎を大切に練習して、皆さんと一緒にしっかりと冬に備えていきたいと思います。

(^-^)

デュ・アン太極拳クラブ講師 青山明子