HOME
MENU
アクセス

歌舞伎座八月 吉野山

Culture

猿之助(お供の忠信)七之助(静御前)のコンビは考えただけでもワクワクする❣️年頃もいいし姿もよし👌猿之助は、最近半沢直樹に痛い目に合った伊佐山部長役で、迫力ある顔芸を披露し話題になったが、本業でも手抜きはない👍踊りの腕はもちろん、声の張りと存在感はピカイチである。七之助ときたら当代随一の美しさと気品の良さを放っていた❤️追っ手の猿弥が安心の滑稽さであり、最後の引っ込みはこれも沢瀉屋特有の華やかさを堪能させる。キツネ火🦊模様にぶっかえり(静御前の持つ鼓は両親の皮で作ったもの、実は狐の子なのだ)花道での振付けはこれぞ猿之助の真骨頂、最後の最後まで盛り上げてくれ、こっちもきた甲斐があるってもんだ👍予想通り一幕でも大満足の舞台であった😄  圭