薬草のはなし

新着情報

厚朴(こうぼく)

写真は、厚朴(こうぼく)の落葉です。秋に山歩きするとこんな大きな葉っぱが、ところ狭しと落ちています🍂お面のような落葉もあり、とても楽しめます🎭また、朴葉焼き(ほおばやき)は、乾燥したこの葉っぱが使われます。 ...【続きを読む】
新着情報

附子(ブシ)

トリカブトをご存知ですか?主に本州北部や北海道に分布しており、8月~10月頃に紫色のきれいな花を咲かせます。 写真は、那須のゴルフ場に自生していました。キャディーさんに“根っこを食べると死んじゃうけど、お薬としても使われますよ”と話したと...【続きを読む】
新着情報

車前子(しゃぜんし)

草相撲って知ってますか?オオバコの茎を絡めて引っ張りあい、切れなかった方が勝ちという遊びです。オオバコは、日本各地の道端に自生しています。写真は、藻岩山(札幌近郊)の登山道の脇に生えていました。かなり大型のオオバコでした。子供の頃によく遊ん...【続きを読む】
新着情報

ジュウヤク

赤羽に新設された東洋大学前の道路脇に咲いていました。生薬名はジュウヤクと言います。一般名は、「どくだみ」であり、日本、中国、ヒマラヤ、ジャワなど東アジア地域に広く分布し、日本では本州、四国、九州の低地に自生します。6月の梅雨の頃に白い花を咲...【続きを読む】
薬草のはなし

芍薬(しゃくやく)について

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花 この言葉をご存知ですか? 今回は、漢方からみた芍薬(しゃくやく)のお話をしたいと思います。 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の意味 芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花...【続きを読む】