外国人から見た日本のあんこ

あんこ ブログ

日本ほどあんこを食べる国も少ないと思います。

私も良く食べます(仕事の合間のおやつとして)韓国にもありますが日本のようにたくさんの種類はないです。

子供の時はあずきのおかゆを食べたりしましたが味はあまくなかったの(´;ω;`)でそんなにすきではなかったかな。。

そこでいきなり思ったのですがあんこを甘くして食べ始めたのは日本から始まったかと思いまして

少し調べてみました!!

日本におけるあんこの由来

「餡」と漢字で書いて「あん」と読むらしいです。

中国で「餡」とは「中に詰めるもの」のこと。肉まんの中に詰める肉などの具材、また、餃子の皮の中に詰める挽肉や野菜の具材もみな餡です。

食べ物における「詰めるもの」が餡なのだから、中国から日本に餡がやってきた時も食べ物に包まれていた。その具体的な食べものは何かというと、饅頭だったとされます。

饅頭の日本伝来には、いくつかの説があります。まず、鎌倉時代の1241(仁治2)年、臨済宗の僧だった聖一国師が、宋から帰国した時に饅頭の製法を日本国内で伝えたという説があるとか

餡の入った饅頭を日本に伝えた人物としては南北朝時代の1349(正平4)年、中国浙江省から日本にやって来た林浄因なる人物のようです。南朝の後村上天皇に、餡入りの饅頭を献上したことが、餡が初めて日本伝来とされています。

この時の餡は、今の小豆(あずき)でできた甘い「あんこ」とは全くイメージが違うもので、中国で餡は肉の詰めものだったと思われます。ちなみに、あんこがふんだんに使われている羊羹も、中国からの伝来当初は羊肉などを入れた煮こごりだったみたいです。

塩味の肉の餡が、日本ではなぜ甘味の小豆のあんこになりましたかね。。

まず、なぜ肉から小豆へと変わっていったのか。これは、日本の食文化を考えれば想像がつくでしょう。

中国の食材を日本に最初に取り入れたのが禅僧達です。しかし、彼らは肉食を禁じられていたので肉の餡の代わりとして、日本で取れた作物を食材にあてたのが、小豆だったと思われます。

もともと小豆も中国から伝わってきた植物です。

禅僧達により肉から小豆に変わったという点では、今のあんこに近いですね。

しかし塩味から甘い味に変化したのはまた続きの話があります。

あんこが塩味から甘い味に変化した歴史

当初、味付けは塩だったのですが。中には塩味でなく、天然の甘味料として日本にも生えていた甘葛(あまずら)という蔓草で小豆の餡の味付けをする者もいたようでこれが小豆の甘くなった始めかもしれません。

奈良時代、唐の僧で日本の唐招堤寺を建立した鑑真が、中国から砂糖を持ち込んだとされますが、当時、砂糖は貴重な“薬”として位置づけられ、大仏に献上されるなどしていました。

その後、鎌倉時代から室町時代あたりになると、大陸との貿易が盛んになり、砂糖の輸入が盛んになっていきます。

室町時代は、食生活にも余裕が出てきた時期で茶の流行に伴い和菓子が発達、その中で、今のような砂糖を用いた「あんこ」が現れるようになったと考えられてます。

室町時代末期から江戸時代初期にかけて砂糖は本格的に日本に流通するようになりましたが、1633(寛永10)年、徳川幕府は鎖国令を出し、海外からの輸入制限をします。

これにより江戸幕府は、砂糖の国産化を進めるきっかけになります。

第8代の徳川吉宗は、砂糖づくりにも力を入れ各藩主に砂糖づくりを奨励し、また、江戸城内でも砂糖きびを実験的に栽培するなどして、砂糖を増やしていきます。。

こうして、人びとが砂糖を手軽に使える時代になり、肉などを詰めた塩味の「餡」は、小豆で作る甘味の「あん」へと変わったようです。なお、「あん」に「こ」を付けた「あんこ」は、明治時代から現れたことばだということでーす。

なかなか奥が深いですね。

でも面白かったです。