漢方薬とは

漢方薬とは、生薬(自然の木、草、花、根など)を、数種~数十種類組み合わせたものです。 生薬は5000種類以上もあって、常用するのは300種類ほどです。 身体を温めるものや冷やすもの、栄養を補うものや排出するものなど、様々な作用の生薬を用途に応じて組み合わせます。 例えば、女性に良く使用する「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」という漢方薬は、血を補い巡らせる「当帰(トウキ)」、女性ホルモンを補い痛みを止める「芍薬(シャクヤク)」など10種類の生薬で構成されています。 「加味逍遙散」の剤型(形態のこと)ですが、当店では4種類扱っており、ご本人の症状や希望に応じて服用していただきます。

漢方の種類

レトルトパック

完全密閉のレトルトパックで、店内でスタッフが煎じています。効果と手軽さの両方を実感できます。  

煎じ薬

ご自身で土瓶ややかんなどで煎じていただきます。手間はかかりますが漢方古来の方法です。 煎じ薬

顆粒

煎じ薬をフリーズドライしたもので、お湯に溶かすなどして服用します。携帯に便利です。

錠剤

煎じ薬や粉砕薬を錠剤に固めたものです。煎じ薬や顆粒剤が服用できない場合、常備薬としたい場合、服用量を調節したい場合に活用します。